Functional Expression in Use 日常行為編(無料サンプル)

¥1価格
  • 英語学習の大きな目標のひとつは、日常会話を英語で行う力を身に付けることです。

    実際、「英語を使って何ができるようになりたいか」という質問をすれば、必ず上位に出てくるのが「英会話」です。会話は英語を使う場面で最も基本的な行為です。折角英語を勉強するのであれば、せめて英会話ぐらいと思うのは当然です。しかし、通常の教科書で学んでいるだけでは会話力はなかなか身に付きません。日常会話の特徴を
    理解した上で、トレーニングをすることが必要です。

    会話の大きな特徴のひとつは、慣用的な表現が大変よく使われるということです。「おはよう」「ありがとう」「いただきます」「おつかれさま」などすべて慣用表現です。この慣用表現の会話における使い方を学べば、英語での日常会話が身近に感じるようになるはずです。

    このFunctional Expressions in Use のBook 1 では、「日常行為」に注目します。Book2は「挨拶・感情表現」、Book 3 では「コミュニケーションストラテジー」を扱っています。ここでいう日常行為には「提案をする」「依頼をする」「情報を求める」「許可を求める」「反論する」「意見を述べる・差し控える」「謝罪する」などが含まれます。それぞれ、決まり文句があり、それらを修得することで、スムーズな日常行為が英語で行えるようになるはずです。