英文法コース

★★★動画新機能追加のお知らせ★★★

各動画のPPTファイルが閲覧・ダウンロード (.pdf) 可能となりました。ニーズに応じてフル活用してください。

01.英語の冠詞について

講師: 田中茂範

​再生時間:1時間04分27秒

不定冠詞(a[an])と定冠詞(the)の使用原理として、「対象認知の理論」と「情報共有の理論」を提示することによって、冠詞使用の発想についてわかりやすく解説していきます

02.数量詞

講師: 田中茂範

​再生時間:31分04秒

数量詞を『表現英文法増補改訂版』に依拠した形で説明していきます

03.後置修飾タイプA:形容詞句・前置詞句・現在分詞など

講師: 田中茂範

​再生時間:24分27秒

英語の後置修飾の中で名詞句に対して形容詞句・副詞(句)・前置詞句・現在分詞・過去分詞・to不定詞が続く場合

04.後置修飾タイプB:関係詞節

講師: 田中茂範

​再生時間:1時間4分55秒

英語の後置修飾で最も豊かな情報を追加する関係詞節について

05.動名詞の使い方

講師: 田中茂範

​再生時間:22分15秒

動名詞doing(gerund)理解のポイントと指導の方法について(現在分詞・不定詞との比較も含む)

06.再帰代名詞のはたらき

講師: 田中茂範

​再生時間:09分39秒

「再帰代名詞」(reflexive pronoun):myself, yourself, himself, herself, itself, ourselves, yourselves, themselvesの用法について

07.名詞節について

講師: 田中茂範

​再生時間:19分03秒

「〜ということ」のthat節・「〜かということ」のWH疑問詞節

08.動詞のタイプ:他動詞・自動詞など

講師: 田中茂範

​再生時間:28分53秒

動詞それ自体に自動詞と他動詞があるのではない

09.動詞の構文1

講師: 田中茂範

​再生時間:29分10秒

構文タイプA:動詞+α(=φ)の構文/構文タイプB:動詞+α(名詞・形容詞・副詞・前置詞句)

10.動詞の構文2

講師: 田中茂範

​再生時間:22分10秒

構文タイプC:動詞+α(=名詞+名詞)

11.動詞の構文3

講師: 田中茂範

​再生時間:17分13秒

構文タイプD:α=名詞+形容詞・副詞・前置詞句

12.動詞の構文4

講師: 田中茂範

​再生時間:29分18秒

構文タイプE:動詞+α(to do / doing)

13.動詞の構文5

講師: 田中茂範

​再生時間:10分20秒

構文タイプF:動詞+名詞+to do/do/doing/done

14.動詞の構文6

講師: 田中茂範

​再生時間:17分53秒

構文タイプG:α=that節/WH節

15.使役動詞

講師: 田中茂範

​再生時間:20分11秒

「使役動詞+名詞+to do」と「使役動詞+名詞+do」

16.時制:過去を語る(テンス・アスペクト)

講師: 田中茂範

​再生時間:16分44秒

過去を回想して語る表現

17.時制:現在単純形

講師: 田中茂範

​再生時間:11分18秒

「動き・変化を伴わない」現在単純形

18.時制:現在進行形

講師: 田中茂範

​再生時間:14分32秒

現在進行形[BE+DOING]の機能:現在~している状態にある(動画的に事柄を描写する)--- BE(状態にある)+DOING(~している)

19.時制:現在完了形

講師: 田中茂範

​再生時間:20分45秒

have+done:「何かがなされた状態を現在HAVEしている」

20.未来を語る表現:『表現英文法』解説

講師: 田中茂範

​再生時間:38分30秒

未来表現のバリエーションとして、現在単純形、現在進行形、be going to do, be about to do, will do, will be doing, will have done, will have been doingを取り上げ、各表現のポイントについて解説を行う

21.受動態構文

講師: 田中茂範

​再生時間:28分06秒

受動態構文の特徴:be(~にある)+過去分詞(為された状態)/過去分詞:半ば動詞的、半ば形容詞的(そのままでは完全な動詞(時制をもつ動詞)としてふるまえない)→「BE+過去分詞」がセット

22.助動詞 canとbe able toなど

講師: 田中茂範

​再生時間:27分02秒

(法)助動詞は英語における表現力

23.時間と空間の表現

講師: 田中茂範

​再生時間:34分29秒

時間表現と空間表現をかなり突っ込んだ形で紹介していきます。

24.助動詞 would, could, might, should

講師: 田中茂範

​再生時間:36分56秒

日本人が苦手とするwould, could, might, shouldの用法についてのレクチャー

25.副詞のはたらき:頻度・様態・手段・付帯状況

講師: 田中茂範

​再生時間:22分35秒

副詞の文法のうち「情報表示の機能」について

26.副詞のはたらき 強弱の調整

講師: 田中茂範

​再生時間:18分17秒

副詞の「修飾機能」-強弱濃淡の調整

27.情報の連結 接続詞のはたらき

講師: 田中茂範

​再生時間:1時間20分42秒

節属詞や副詞情報としての情報連結詞(linker)

28.比較構文1

講師: 田中茂範

​再生時間:19分41秒

比較の基本:類似と相違

29.比較構文2

講師: 田中茂範

​再生時間:19分41秒

「比較級」の構文

30.比較構文3

講師: 田中茂範

​再生時間:17分42秒

文法用語としての「最上級(superlative)」

31.仮定法

講師: 田中茂範

​再生時間:23分42秒

仮定法の発想・表現形式とそのネットワークについて

32.Itを主語にする慣用構文

講師: 田中茂範

​再生時間:18分58秒

itを主語にする慣用構文をネットワークで学ぶ

33.文法:文のタイプ

講師: 田中茂範

​再生時間:1時間01分54秒

英語の文タイプを網羅的にカバーしていきます

34.話法『表現英文法増補改訂第二版』

講師: 田中茂範

再生時間:25分18秒

主な内容:話法といえば直接話法と間接話法があり、両者は置き換えられると考えられていますが、ここで表現英文法の観点からそれぞれの持ち味と、表現のバリエーションについて解説していきます