基本語力を鍛える コア学習法で英語の基本動詞を学ぶ(無料サンプル)

¥1価格
  • 英語の単語で何が重要かといえば、もちろん、基本語だといえるでしょう。以前、英和辞典を編集しました。学習英和辞典というのは、サイズとしていえば、通常、2000 頁前後になります。その中に概略 10 万語の単語を含めるのです。凄い数の単語です。もっと凄いのは、基本語の占める割合です。

    ここでいう基本語は、動詞(have, run, take, get など)、前置詞(in,
    on, over など)、副詞(well, fast, back など)、接続詞(and, when, if など)、代名詞(you, they, it, some, that など)、疑問詞(who, when, where など)、冠詞(the, a)に限っていえば 300 語程度、基本的な名詞(way, thing, matter など)を含めると 500 語ぐらいになります。have だと 3、4 頁、that も同様に 3、4 頁ぐらいの紙幅を使ってその使い方を説明します。仮に基本語として 500 語を取り上げたとして、辞書全体を占める割合は、50%を超えると推測できます。つまり、基本語の表現力は絶大であり、英語の単語の基盤を成しているということです。